2010年08月30日

ほかほか弁当

2063.jpg

ジョグジャモールの地下にできたほかほか弁当。
でも弁当ではない。
日本料理でも・・・ない。
posted by Seedfolks Jawa at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

本屋

2062.jpg

日本にいたときは、本屋の前を素通りできないくらい本好きで本の虫だった。
隅から隅まで見てまわらないと気がすまなかった。
本の装丁を眺めているだけで楽しかった。

これはジョグジャで一番大きい本屋。
4階建てだが一般向けの本を置いてあるのは3階のみ。
しかし、この本屋を見るだけでジャワ人があまり本を読まないことがよくわかる。
物価の割りに値段が高いこともあるだろうけど、
それにしても品揃えがひどい。少ない。
昔はよく見かけた輸入のきれいな写真集などもどんどん減っている。

日本でもネットと携帯時代で本を読む人が減っているようだが、
そういえば前はもっと電車で本を読んでいた人が多かったけど
去年帰ったときは携帯の画面を見ている人のほうが多かったかな。
自分はどちらかと言うとデジタル人間だけど、本だけは印刷されたものがいい。
電子書籍とか、無理。
本は、紙質やデザイン、書体、厚みや重みを感じてこそ、と言う案外古い感覚だ。
posted by Seedfolks Jawa at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

腹減った

2060.jpg

日没間近、夕食の支度もできてモスクのアザーンを待ちながら庭をぶらり。
久しぶりの夕焼けだ。

2061.jpg

カナンガの花が甘く香る。
この花は朝から昼間までは何も匂わないが、夕方になると急に強い香りを漂わせる。

一日の断食明けメニューはコロッケ、サラダ、手作りイチゴヨーグルトアイスクリーム
そしてブルーベリーアイスクリーム。
断食のときは大好きな麺類や、インドネシア料理はあまり食べない。
もたれず腹持ちのいい日本のおかずとご飯が一番。
posted by Seedfolks Jawa at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

らに〜にゃ

2054.jpg

夕方から夜にかけて毎日雨。
乾季真っ盛りのはずの8月にこの天気。
さわやかさのかけらもない。
温室さながら。
どうやら乾季がないまま雨季になってしまうらしいとの話もあります。

これはラニーニャ現象のせいらしいですが、
調べてみると、ラニーニャとエルニーニョは、規模の大小こそあれ
ほぼ毎年交互に起こっていることなんですね。
日本の熱波もこのせいです。暑そうですねえ。
日本の厳しい気候を思うと、ジャワは温暖な気候なんだなあ、と思います。
バカになるのも当たり前です。

全然関係ないけど、この前テレビで、若者が二人で野太い声で
「手品〜にゃ!」って言ってたので、よーく見たら
山上兄弟がすっかり大きくなっていたのだった。びっくりした。
posted by Seedfolks Jawa at 10:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

みんなで食事会

2045.jpg

ボロブドゥールのアーティストのグループ、KSBIが
一日の断食明けの食事会のために集まった。
ポンドックティンガルホテルのオーナーが場所を貸してくれて
お菓子やおかず、飲み物まで用意してくれた。

いつもとなーんか違うと思っていたら、そう、タバコを吸う人がいないのです。
こんなに空気が澄んでいるなんてうそみたい。

2046.jpg

日没を知らせるアザーンの音がして、みんなでとりあえずお茶などを飲んでから
お祈りを一緒にする。

2047.jpg

お弁当が配られて、みんな黙々と食べる。
ジャワ人はあまり食べながら話をしない。
食べ始めると急にみんな黙って黙々と食べ、食べ終わるとまたしゃべり始める。

2048.jpg

食べ終わったと同時にみんな煙を吐き始め、
夜のさわやかな気持ちいい空気が一気に白く煙りました。
posted by Seedfolks Jawa at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

寝相

2041.jpg

基本的には猫を部屋に入れないようにはしているのだが、
どうしても隙を見て入り込んでは布団の上で寝てしまう。

2042.jpg

しかし猫は寝相が悪い。
見るたび姿勢が変わっているけど熟睡している。

2043.jpg

見ているとこっちまで眠くなってくる。

2044.jpg

こんな無防備に寝ていられるのは平和ということ。
posted by Seedfolks Jawa at 10:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

アイスクリームメーカー

2036.jpg

日本からのMONOシリーズ。
アイスクリームメーカー!!手(チョキ)
凍らせておいた本体をスイッチONしてから、材料を流し込んでグルグルするだけ。

2037.jpg

試しにイチゴアイスを。
材料は牛乳、砂糖、卵黄、生クリーム、イチゴ。
グルグルしているうちに徐々に固まってくる。楽しいるんるん

2038.jpg

出来上がり。
僕はよく手作りアイスを作るが、途中で何度もかき混ぜても、
どうしても氷の結晶が荒くできてしまって口解けがいまいち。
しかしこれは!!!
市販のアイスのような感触。でも味は手作り。
期待以上の出来。サイコーです。

面倒なときはただジュースを注ぎ込むだけでシャーベットが食べられる。
もちろん出来上がりは滑らか。懐かしい味。

日本に住んでいる人は、市販のアイスでもうまいものが多くて
こんなもの必要ないかもしれないけど、これはけっこうおすすめ。
ただし冷凍庫が広くないとダメです。
貝印「アイスクリームメーカー レビュー」
3000円くらいで買えるよ。
posted by Seedfolks Jawa at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

MONO

2027.jpg

日本から、剪定鋏やスコップを取り寄せた。
こんなものは別にこちらでも買えることは買えるが、
ちゃんとしたものはジョグジャ、マゲラン界隈ではまず売っていない。

園芸用品に限らず、調理用具や文房具、工具、なんでもそうだが、
こちらで売っているものは店で見た段階ですでにごみの様相なものさえ多い。
とにかくひどい。
安かろう悪かろうの典型、いや、高かろう悪かろうのほうが多い。
買っては壊れ、また買って、の繰り返しでストレスだ。
僕はメーカーやどこ製かには別にこだわらないが
とにかく使いやすく、長く使えて、デザインもシンプルなものがほしいだけ。

最近ではネットショップでジャワにいても買い物が出来るので、
実家に送られたものを母がまとめてこちらに送ってくれるのでありがたい。
日本では安くていいもの、そこそこ高いがものすごくいいもの、なんかを
いろいろ選べるのがいいですね。買い物が楽しい。

2028.jpg

このスコップ、500円。
オールステンレスで、折れやすい柄のところはこんな風にちゃんと
補強してあり、掘った深さがわかるように目盛りも刻んである。
見た目もきれいで、持った感じもすごく手になじむ。
こっちで買うと300円くらいで、柄が折れたりさびたりは当たり前。

ヘンケルの剪定鋏は2000円しない。
こっちで売っているのは400円から700円くらいだけど、
一回使うとさびて開かなくなったり、切れ味がすぐに悪くなったり。
こっちにヘンケルの鋏が2000円で売っていたら、絶対買うだろうけど。

2029.jpg

さらに、ストレスなのは、ジャワの田舎の人は道具を大切にしないこと。
すぐに失くす、壊す、勝手に人に貸す、無くなっても知らん顔、片付けない、
地べたにおきっぱなしにして雨ざらしにしても平気。
これは何度言っても改善しないことがわかったので文化の違いと諦め、
僕はこうして日本で買った道具は専用ポーチに収め、
ケチ臭く腰にぶら下げてジャワ人には絶対に触らせない自分専用にするのである。
posted by Seedfolks Jawa at 11:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

地鶏卵

2026.jpg

14羽いたうちの12羽が盗まれて、残った2羽の雌鶏が卵を産み始めた。
雄鶏がいないので無精卵ではあるが。
ねこぞぎ全部取ってしまうと鶏が同じところに戻ってこなくなるので
雌鶏がどこかへ行っている隙に3個残して残りをもらう。
ありがとう。いただきます。
posted by Seedfolks Jawa at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

本取り寄せ

2024.jpg

庭造りが好きだが、人の庭を見るのも好きだ。
とは言え、最近はあまり出かけないし、南国の庭も飽きたので
前からほしかった写真集を日本から取り寄せる。

2025.jpg

The Garden Bookは、世界中の五百の庭園が載っている小さい本。
昼寝しながらパラパラめくるのが幸せだ。
ケチらないで日本語版を買えばよかったな。
posted by Seedfolks Jawa at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

ちょっとお休み

2023.jpg

暑いので数日庭仕事を休んでいる。
眠い、だるい、何もやる気がしない。
そんなときはだらだら本を読んだりする。
明日のことは明日考えよう。
posted by Seedfolks Jawa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

太陽が変

2017.jpg

庭のひまわりが咲きました。

さて、ここ数日の太陽が変です。
僕は毎日暇に任せて外で色々観察しているのでよくわかるのです。
光が強く、受けるダメージがひどい。
ちょっと日に当たっただけで疲れるし、だるい。
昨日はインドネシアの独立記念日で、炎天下の原っぱで各小中高生が式典を行っていたが
断食中のせいもあって、各地倒れる生徒続出でかわいそうだった。
日本でも同様に熱中症の人が多かったようだ。
これも気温のせいだけではないだろう。

2018.jpg

今始まったことじゃないけど、日の出日の入りの位置もおかしい。
マスコミや学者がこのことに触れないので気のせいかと思っていたけど
ネットで調べると世界中でこの異常を指摘している人がいるのがわかる。
何年も同じ場所に住んでいて毎日日の出や日没を見ている人は気がつくはず。

ま、こんなことで騒いだところでどうにもならないので
こういう日の光がおかしなときには家の中に入っておとなしくしていよう。
posted by Seedfolks Jawa at 12:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

ビスコッティ再び

2013.jpg

違うレシピで再挑戦。
今度はバターを使い、グランマルニエを入れた大人の味。
焼き加減はまずまず。
味もうまい。
が、なんか粉っぽい。
インドネシアの小麦粉は粒が粗いので、
寝かしてから焼いたほうがよかったかもしれない。
アマンジウォには未だ及ばず。無念。
posted by Seedfolks Jawa at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

スパイス屋

2006.jpg

ジャワの市場ではこのようなスパイスを売っている店が必ずある。
各スパイスのほかに、しょうがやターメリック、にんにく、ライムなど
生のものもあり、何でもそろっていて、なかなかありがたい店である。
量り売りはもちろん、
今日はこの料理なんだけど、と言えば
一回料理する分を各種見繕ってセットにしてくれたり、
聞けば料理方法まで教えてくれたりする。
posted by Seedfolks Jawa at 06:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

暑い・・・

2005.jpg

ここ数日、暑い。
なんか体にこもる変な暑さ。
まあ日本の皆さんとは比べ物にならないくらい快適なんでしょうけど、これでも。

今日は朝から曇っていて、じゃあ庭でもやろうかと思ったとたんに晴れてきた。
家に入ったら曇ったので、また表に出て作業をしていたらすごい日照りでクラクラ。
わざとか。
断食がはじまったばかりなので無理をするのはやめて部屋に戻る。
弱!
posted by Seedfolks Jawa at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

手作りおもちゃ

2002.jpg

今どきこんな手作りチックなおもちゃが露店で売っている。
こんな怖いお面を子供が喜ぶのか?
これを子供に選ぶ親のセンスは?
僕自身は嫌いじゃない、こういうの。

2003.jpg

スパイダーマン(笑)
posted by Seedfolks Jawa at 07:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

きのこ三昧

2000.jpg

ジョグジャでシメジその他色々なきのこが手に入るようになった。
生産しているのは韓国や中国の会社だが、ラベルには謎の日本語。
鍋やきのこクリームスパゲティなどにして楽しんだ。

断食二日目。
今回はなんだかすごく楽。とても眠いけど。
さっきは午前3時から天ぷらを食らう。
日本じゃ考えられないことだ。
日本ではどちらかと言うと和食党で、アジの開きなんてあったら最高だと思ったけど
こっちではなぜか朝から魚のあぶったのなんてあまり食べる気はしない不思議。
posted by Seedfolks Jawa at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

断食始まり

1996.jpg

今日から断食月の始まり。
昨日は9時台にころっと寝てしまったのでそんなに寝不足ではなく、
夜明け前にきのこのクリームソーススパゲティをたらふく食いました。
ま、この後また寝ちゃうんですけどね。
posted by Seedfolks Jawa at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

豆腐屋さん

1993.jpg

ちょっと違う市場に行っただけで外国気分が味わえる。
同じテンペや豆腐でありながら、形や陳列の仕方がぜんぜん違うのだ。
隣の県、Temanggungのとある田舎町の市場では、豆腐屋がとても多い。
揚げた豆腐は2種類。厚揚げのように外側だけ揚がって中は豆腐なのと、
しっかり揚げてあって、中がスカスカのスポンジ状の油揚げのようなのとあり、
大きさも小さいのから大きいのまで色々だ。
この厚手の油揚げは、塩を入れたお湯で茹で、
青く小さい唐辛子をかじりながら食べるとものすごくうまいです。

1994.jpg

白い豆腐はなんと、注文をしたら切ってくれるシステム。
ひとつが分厚くて大きい。
どちらもボロブドゥールのとはぜんぜん違います。

1995.jpg

そんなスタイルの豆腐屋がここそこに。
軽いカルチャーショックで楽しい。
posted by Seedfolks Jawa at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

案外いける

1991.jpg

ちかくのポンドックティンガルというホテルにはたまに食べに行くが、
スパゲッティが案外いけることが最近になってわかった。

雲山
posted by Seedfolks Jawa at 20:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

屋台No.1

1985.jpg

地元のナシゴレン系屋台で今のところ知っている中では一番おいしいPak Gepeng。
ボロブドゥールのバスターミナルの近く。
いつもにぎわっている。

1986.jpg

うまさの秘訣は炭火。
火力調節は扇風機で。扇風機が熱で溶けとる・・・
どのくらいの辛さにするかとか、甘目とかしょっぱめとか、
色々客の好みに合わせて作ってくれるのでご機嫌。

が、たいていのナシゴレン(チャーハン)ミーゴレン(焼きそば)の屋台は
一人前ずつ作るのでものすごく待たされる。
日本人的には、B級グルメの鉄則は、うまい、早い、安いだと思うので
いくらうまくてもチャーハン食うためになんで1時間待たなきゃいけないのかなー、
と言う気分になってしまうのだが、こういうときのジャワ人は辛抱強い。
ただジーっとまち続ける。
怒って帰ってしまったり、文句を言う客はいない。
んで、売る側も、もっと客を待たせないで出すには、とか考えずに
延々とのんびり一人前ずつ作り続ける。
よそるのものんびりで、多少冷めても気にしない。
屋台では待たされるかわりにそんなぬるいジャワを思う存分味わえます。
posted by Seedfolks Jawa at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ゲゲゲの女房

1984.jpg

NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」をほぼ毎日欠かさずに見ている。
主役夫婦がきれいで若すぎる件はちょっこし気にはなるが、
なかなか面白く懐かしい感じのドラマだ。
しかし墓場鬼太郎の第一話なんて超不気味なホラーだったのが、
よくあんなかわいい子供向けに化けたものだ。
数年前フジで夜中にやってた墓場鬼太郎のアニメはあの不気味さが出ていてセンスもよかった。
なぜか電気グルーヴのテーマソングがすごくはまっていたな。
面白いので興味がある方はぜひ検索してみてください。

1982.jpg

僕は学生時代ガロ系漫画を読み漁っていたので、
昔のガロの編集長とのからみや、水木しげるのアシスタントのエピソードを見れるのが嬉しい。
今日まで出ていたアシスタントの小峰はつげ義春、倉田は池上遼一がモデル。
劇中の少年ランドは少年マガジン、ゼタはガロ、嵐星社は青林堂で、
青林堂と確執があったのは小学館。
風間トオルがやってるのは東映テレビ部渡辺亮徳か平山亨プロデューサー。
こげなことを踏まえて見るとより面白いです。

1983.jpg

ところで、昔はじめてつげ義春の「ねじ式」を読んだときは衝撃だった。
シュールで不気味な漫画のとりこになってしまって、
彼の復刻版はここインドネシアくんだりまで持ってきているほどだ。
あのころの時代の漫画、特に漫画家が有名になる前に描かれていたものには
シュール不条理や貧乏もの、変なものも多かった。
でも不思議とひたむきで純粋な感じ。
時代なんだろう。
リアルタイムで読んでいたわけではないが、そういう時代のにおいが好きだった。
posted by Seedfolks Jawa at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

誰かほめて

1976.jpg

庭造りにはまってるわけですが、
普段は自分ひとりでボーっと眺めては自画自賛。
人に見せるためにやってるわけではないとは言え
やっぱり誰かに見せたい、ほめてもらいたい、という欲が日に日につのります。
posted by Seedfolks Jawa at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

ドーナッツ

1974.jpg

ドーナッツは時々作るが、毎回レシピを変えている。
今日はもちもちにするためにタピオカ粉を混ぜてみた。
おいしいが、なにか未完成なものを感じる。
売れるほどのクオリティを家で楽しみたいのだが、粉ものは奥が深いな。
チョコレート味のアイシングも研究の余地あり。
posted by Seedfolks Jawa at 16:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

どうなってるの

1971.jpg

連日午後はどんより曇って、雨が降ったり、何度も書いているがこれは乾季じゃない。
日本では猛暑で熱中症の人が後を絶たないし、
きっと地球全体がなにかしら異常な状態なんだろう。

1972.jpg

ヘリコプターや小型飛行機が立て続けに落ちたり、
太陽フレアがちょうど地球に向かう位置にある黒点の付近で起きたため
地球の磁気圏を乱してオーロラや磁気嵐を起こす可能性があるらしいとか
老人がおおぜい行方知らずになっていたことがわかったとか、
国会の答弁とか、その他その他。
毎日いろんなことが起こっている。
なんかもう何が異常なのかわからないほど異常。

1973.jpg

そういう世の中のもろもろを眺めたり、
そういうことを忘れて庭の花を眺めたり。
posted by Seedfolks Jawa at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

メインイベント

1965.jpg

先日のイベントのメインは、マゲランのグループ、Jingkrak Sundang Topeng Saujana。



登場するときに火を使うので照明を全部落としたとたん、空の満天の星に気がついた。
火吹いてる。熱!
危ないので後ろに下がる。

1966.jpg



男たちが跳ねて、すごい地響き。
地面から彼らの躍動が伝わってくる。
暗くてよく見えないのが残念だが、顔につけてる動物のお面やボディペイントが独創的。
posted by Seedfolks Jawa at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

太鼓漫談

1958.jpg



ジョグジャから来てくれたPak Sujudは、ジャワの太鼓kendangを叩きながら
ジャワの歌謡曲や童謡などを替え歌にして歌うおじさん。





ジャワ人はこういうの大好き。
みんな乗ってきて、しまいには踊りだす。すごく楽しそう。
こういうときのジャワ人が一番好きです。
これみんなシラフ。

これ、日本人にたとえると誰だろう、ってずっと考えてるんだけど思いつかない。
ちょっと違うけど、思い切り訛った牧伸二が近いか?
何でかフラメンコ?太鼓じゃないけど。
posted by Seedfolks Jawa at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

ナニ・サクリ個展

1950.jpg

今回の個展は、元ファッションモデルのナニ・サクリさん(写真右)の
バティックと女性をモチーフにした絵画展。
植物を愛する彼女とは展覧会前に僕の庭を見せながら
いろいろな花の話で盛り上がりました。

オープニングセレモニーのスピーチをお願いした
マゲランの絵のコレクター、オイホンジン氏(中央)、
司会はナニさんの友人の芸能人、イングリッド・ウィジャナルコ(左)が盛り上げてくれました。

1951.jpg

狭いギャラリーが人でいっぱいに。

1952.jpg

今回のイベントは夜なので、暗い。とにかく真っ暗。
でも満天の星と、肌寒いくらいのさわやかな風が気持ちいい。

1953.jpg

アツアツの揚げ物数種は揚げる先から無くなっていきます。

1954.jpg

焼きとうもろこしに、熱いジャワティ、コーヒー、しょうが湯等でおもてなし。
豪華ではないけど、アットホームないいパーティになったような気がします。
posted by Seedfolks Jawa at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オープニングイベント

1944.jpg

昨日の夜はシードフォークスのギャラリーで行われる個展のオープニングパーティがあった。
はじめはKSBIのパフォーマンス。
いつものやつ。
白塗りの男たちが出てきてボディペインティングが始まる。

1945.jpg

かなり暗い。
残念ではあるが、荒が目立たずかえっていいかも。

1946.jpg

これを描いているのは画家に混じって、
絵描きでもなんでもない一般人もいるのだが、出来はなかなか。

1947.jpg

これは彫刻家と絵描きのマス・チプト。
ジャワ人はこういうアドリブ芸をやらせたら天才。

1948.jpg

女性パフォーマー。目が行ってる・・・
塗ってるときの方がかわいい。

1949.jpg

出来上がって記念撮影。
彼らはこの後すぐ、このままの姿で、コンビニに買い物に行きましたとさ。

落としてしまうともったいないので、風呂に入らず
明日遺跡公園でパフォーマンスをしようよとか、けっこう本気で話してるし。

そしてイベントはまだまだ続く。
posted by Seedfolks Jawa at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。