2010年10月31日

冷やしごまだれうどん

2317.jpg

普段かなりの運動不足だったのに、犬が来て生活のリズムが一変した。
朝夕犬を遊ばせて、走り回っているおかげでいつも疲れて腹が減っている。
昨日はちょっと走りこみすぎた。
何品も作るのが面倒なときはこういう1品もので具沢山がいい。

具は、鶏肉、トマト、いんげん、わかめ、小エビ、揚げナス、錦糸卵、きゅうり、
さらしたまねぎをたっぷり乗せすぎて麺が見えない。
たれは、お酢、しょうゆ、砂糖、だし、ごまペーストで作ります。

朝からこんなのをガツンと食べて、元気が出てきました。
posted by Seedfolks Jawa at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

恒例餃子DAY

2315.jpg

またまた餃子が食べたいと言う欲がピークに達したので作りました。
しばらく刈り取ってなかったニラがいい感じに育っている。

2316.jpg

餃子の焼き方は完璧。油大目、火強め。
けっこうな量の餃子とごはんをたっぷり食べて腹十一分くらい。
熱々をほおばって、上あごをやけどしました。
posted by Seedfolks Jawa at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

ベチャ

2313.jpg

おい〜っす! 元気か、みんな!
ジョグジャ、マリオボロ通りにベチャの横んとこを並べて飾ってあるぜ。
ま、やっぱ俺のベチャが一番だけどさ。

2312.jpg

あ、ベチャってのはこいつのことよ。
俺の商売道具。
超エコ。
posted by Seedfolks Jawa at 09:43| Comment(3) | TrackBack(0) | ぼあきら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

ムラピ噴火について

2306.jpg

灰がけっこう降って、朝露で濡れているうちはよかったんだが、日が差し乾いてきたら
灰が舞ってたいへんなことになり、窓も開けられなかったけど、
夕方雨が降ってだいぶきれいに洗い流されました。
ボロブドゥール遺跡はもともと石だから思ったより灰をかぶった様子がわからない。

2307.jpg

ムラピ山の検索をしてくる方が多いので一応書いておきますが、
ジョグジャやボロブドゥール観光などはとりあえず問題ないです。
今日はもう道の様子も普通。
ただしまた噴火が始まる可能性があるのでムラピ山に近づいてはダメです。
旅行を計画している人は今のところ心配要らないでしょう。
ただし自然災害はどうなるかわからないので常に最新の情報は見ておいたほうがいい。
何かあったらここにも書きます。

2308.jpg

ムラピ山の鍵番、Mbahマリジャンが先日の火砕流で亡くなった。
ムラピ山からのメッセージを世に伝え、山を守っていた長老だが、
さんざん警告されていたにもかかわらず避難せずに噴火口からわずか数キロの自宅に
留まっており、前回2006年のときは災害を免れ、メディアにも大々的に取り上げられ
ちょっとしたブームにまでなって、海外に招かれたりコマーシャルに出たりしていたが、
今回は自宅の部屋でお祈りをしていたところついに巻き込まれてしまった。
今はテクノロジーで正確に予知できるようになって、
山岳信仰で自然からのメッセージを伝えると言う人間の役割は終わった。

信仰によりテクノロジーを受け入れない人間がいる一方で
テクノロジーを扱う側は自然の声をないがしろにする。
人間っていうのはなんてバランスを欠いた生き物なんでしょうねぇ。
posted by Seedfolks Jawa at 09:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

灰だらけ

2299.jpg

明け方、家の前の道はムラピ山噴火の灰で白くなっていて不思議な景色だ。

2300.jpg

草木などにも積もっているが、朝露で濡れているのであまり目立たない。

2301.jpg

日が昇って乾いて白くなってくるとまた景色が変わるかもしれない。

2305.jpg
posted by Seedfolks Jawa at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

ムラピ山噴火

2297.jpg

呼ばれて外に出てみると、なんと砂利が降っている。
2006年以来久しぶりのムラピ山の噴火が始まったようだ。
あのときより規模はでかいかもしれない。
前も灰が降ったりはしたけど、これは細かい砂利。当たると痛い。

2298.jpg

家の中にも硫黄の臭いが漂ってる。
ボロブドゥールは距離的にはけっこう離れているので危険はないと思う。
posted by Seedfolks Jawa at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣医はハーレーに乗って

2290.jpg

ムンティランの獣医がハーレーに乗ってやってくる。
家まで来てくれるので助かっている。

今日はワクチン接種をした。
カツオはじっとできず獣医に甘噛みして暴れていたが、こんなのはまだましな方らしい。
一番獣医泣かせな犬は、ダルメシアンとプードルだそうだ。

2291.jpg

カツオはこの獣医が大好きで見送りに出たが、ハーレーのズババババという音で退散。
posted by Seedfolks Jawa at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

タイルの色

2288.jpg

こんなタイルを作っているところに注文してるんだけど、
今日見に行ったら予想通り色が間違ってた。
緑の種類が7色くらいあるのに、指示書にはただ「緑」としか書いてなかったけど、
それじゃ間違うよねぇ。
妥協できない違いだったから笑顔でやり直し指示。
ってわけでもう3週間待つのだ。
posted by Seedfolks Jawa at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

テラス改造

2284.jpg

テラスの改造がなんとか進んでいます。
大工は、近所の人が死んだとか、雨だからとか、色々な理由で休みますが、
日当なので来ないとお金にならないので、何とか続いていると言う感じ。

今あるテラスの屋根をそのままに、上に木で骨組みを組んでいきます。
屋根瓦をその上に移したら下の古いほうの骨組みをはずすという方法らしい。
先に説明してくれれば柱の高さとかサイズをちゃんと調整できたのに、
やっぱり成り行き、行き当たりばったり。

2285.jpg

今までの屋根は竹で組んでいたのだが、たわんで雨漏りするので今度は木に替える。
この竹がもったいないので、道具等をしまう倉庫小屋に使おうと思う。

2286.jpg

ついでにテラス前にパーゴラを作った。
ここに蔓性植物を這わせる予定。

お金も時間も、当初の見積もりよりだいぶかかってしまう、というのもまあ想定内。
posted by Seedfolks Jawa at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

木登り

2279.jpg

木登りというのは、簡単そうに見えて実はとても難しい。
子供の頃はともかく、大人になってからは木に登ったりする機会もあまりないが、
こんなまっすぐで高い木に、大人なのにスルスルと登れるジャワ人はすごい。

2280.jpg

ただ木につけてあるくぼみにはだしの足をかけるだけ。
そのくぼみとくぼみの距離がけっこうあいているのに、
こうしてまるでサルのように軽々と登ってしまう。

2281.jpg

15メートルくらいあるやしの木の上で、実や葉を切って下に落とす。
もちろん命綱もなし。
怖くないのかなー、落ちたりしないのかなー、って思うけど、
実際やしの木から落ちて死んだ、って言う人の話はよく聞くっけ。((((;゚Д゚))))
posted by Seedfolks Jawa at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

ココナツジュース

2274.jpg

ココナツの実を採ってもらったのでみんなで飲んだ。
やさしい甘さでスポーツドリンクにも似た味の天然の健康飲料だ。
実際市販のスポーツドリンクよりも多くの電解質を含むらしい。
自家製のハイビスカスティのシロップを混ぜてみる。

2275.jpg

みるみるうちにピンクだった色が無くなっていった。
不思議。

2276.jpg

果肉はスプーンですくってジュースに混ぜるのが普通だが、
僕はわさび醤油でいただきます。
posted by Seedfolks Jawa at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

試食放題

2271.jpg

スマランの土産物屋街はいつ行ってもにぎわっている。
お菓子など、なにしろとんでもない味のものもたくさんあるので
試食ができるようになっているのは助かる。

2272.jpg

名物蒸しブラウニー。
今はジョグジャでも手に入るが、こっちのほうがおいしい。
ミント、ブルーベリー、スパイシー、チーズ、など変な味のバリエーションが色々あるけど
やっぱりプレーンなチョコレート味が一番おいしい。
posted by Seedfolks Jawa at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

スマランの看板

2267.jpg

ジョグジャの最近の傾向であるモダンで無駄に派手な看板に見慣れていると、
スマランの街で見かけるこんなレトロでキッチュな看板が新鮮だ。

2268.jpg

絵といい、色合いといい、キャッチコピーといい、ベタでB級。
好きです。
posted by Seedfolks Jawa at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

アヒル揚げ

2265.jpg

アヒルの肉は市場で鶏肉のようには売っていない。
普通は一羽生きたのを買ってきて絞めるしかない。
だからそこまでしてわざわざ自分で料理をしないので、外で食べることが多い。

アヒルは鶏よりも肉がしっかりしていて味が濃い。色も濃い。
鶏より大きいわりに肉はあまり多くない。筋肉質な感じ。
これをあまり辛くないサンバルトゥラシで食べるのがうまい。
ここの店のサンバルは最高だが、帰りの車の中で手が臭う;;
posted by Seedfolks Jawa at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

至近距離

2263.jpg

スマランで通りがかりに寄ってみたオフロードバイクのイベント。
どこかを走ってきた後らしく、どろどろに汚れたバイクと兄貴たちが広場に集まり
ステージでダンドゥットのライブで盛り上がっていた。
と、ステージをよく見ると歌手のお姉さんがいない。声は聞こえるのに・・・

2264.jpg

なんと離れたテントの中で、厚化粧のお姉さんたちが鼻息の荒い男衆に囲まれて、
ものすごい至近距離で歌っておりました。すごい熱気。
男衆のあからさまにぎらぎらした様子と、おねえさんたちの慣れっぷりがなんか気持ち悪くて
スマランの炎天下にも耐えられなくて、とっとと帰ってきました。
posted by Seedfolks Jawa at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

2259.jpg

工事用の砂購入。
このあたりの砂はたいていムラピ山から運び込まれたもの。
インドネシアでの値上がりはひどく、今じゃトラック一杯で4500円もする。
こうして山にしておくと、猫がおおぜい寄ってきますな。
この砂をセメントに混ぜて使用するのです。
posted by Seedfolks Jawa at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

K-5

2257.jpg

久しぶりにのどから手が出るほどほしくなるカメラが出ました。
Pentax K-5。ヤバイ。
秒7コマだし、防塵・防滴、高感度もよさそう。動画も撮れる。
ボタンの操作性がよければ言うことなし。
ネット上にアップされている画像のきれいなこと。
すごくほすぃ!

今のキャノンのカメラはもうシャッターユニットが寿命で、逝くのは時間の問題。
何台もカメラを買うほど余裕があるわけじゃないのでこれは対策を練らねば。
パソコンとかカメラとか携帯とかデジタルものはやっぱり使い捨てなんだなあと思う。
持っているものが傷む頃に、市場に出回っているものが飛躍的に進化していて
取替え時、と言うのを思い知る。

しかし、ペンタックスってクソ派手なカメラを出したかと思えば、
今度はまた性能はともかく見た目が超地味だな。
目新しさのまるでない古臭いデザイン。
この狙ってない感じはなんか好きだけど。
posted by Seedfolks Jawa at 10:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

頭に

2254.jpg

頭にゴミ箱ー。
posted by Seedfolks Jawa at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

リアさん

2252.jpg

近所のお友達、美容院をやっているリアさんは、
僕が知ってるジャワ人の中でたぶん一番働き者だと思う。
夜は2、3時間しか寝ず、朝3時には起きて身支度を整え、普段は店で仕事を朝から晩まで、
結婚式がある日は着付けやメイクなどを何件も掛け持ちしたりもして
しかも最近ランドリーの副業を始めて、そっちのほうも相当な忙しさ。
それがとても楽しそう。
僕には到底まねできない。
posted by Seedfolks Jawa at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

鰹節

2251.jpg

一応、ジャンゴ、と言う強そうな名前をつけてはみたものの・・・
頭が鰹節臭いのです。
んで、僕の中で突然名前がカツオ君になってしまったのです。

この臭いはいわゆる犬臭さとはちょっと違う独特のドーベルマン臭。
ナンだっけこの臭いー、って思っていたけど、昨日わかった。鰹節だヨ。
posted by Seedfolks Jawa at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

青空にため息

2247.jpg

犬が大きくなる前に、テラスに柵をつけようと思ったが、
テラスがでこぼこした形なので、じゃあまず長方形にしてちょっと広くして、
竹だった柱をセメントの頑丈なのにして、と、どんどん大げさなことになっている。
とにかく一回工事が始まったら、お金のことはとりあえず考えないようにして、
なるべく後で後悔しないように自分がどうしたいかを形にするべく大工に指示を出していく。

2248.jpg

あのさ、12mのテラスに幅36cmの柱を等間隔に5本建てると柱と柱の間は何cm?っていうのは
小学生の算数だろ。これが意外と、っていうか予想通りできない。
何でこうなるのか不思議なほど、すべての柱と柱の間の距離が全部違っている。
それも、2、3センチの誤差ならまだしも最大40cmもずれてるんだよ。
違ってるでしょ、って指摘したら、はい、もちろん違いますよ、って、開き直る大工。
僕は気が狂いそうです。
大工を入れるときはいつもこう。
工事をするときは、とにかくこっちが先回りして考え、おかしなことにならないように
見張ってなければならない、ということをさんざん経験から学んでいるはずなのに、
さすがにここまではするまいと、ついつい高をくくって
ちょっと目を放した隙にとんでもないことになって後で地団太踏むと言う繰り返し。

ジャワ人的には柱の間隔なんてどうでもいい問題らしく、
直すためにこうして作ってしまった柱を壊すほうが不思議らしいが、
僕にとってはおかしな間隔の柱を毎日眺めてはいらいらするより、
今直してしまったほうがなんぼかまし。
あ、ジャワではこういうの直しても、材料費や大工の日当はもちろん俺もち。(∀`*ゞ)テヘッ

こういうのが、工事が終わるまでずっと続くんだよ。

2246.jpg

気分を変えたくて、ドアのペンキを塗りなおした。
ちょっと色味を変えただけですごく雰囲気が違って見える。嬉しい。

2245.jpg

なんか、今日は空がきれいだ。( ´Д`)=3 ふぅ〜
posted by Seedfolks Jawa at 10:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

日本の紙幣は・・・その3

2234.jpg

一万円札。

2235.jpg

ここの、

2236.jpg

右下んとこ。
ホの字。
ニ、とン、もどこかにあるはず。

2237.jpg

五百円玉にも隠し文字があるよ。

2228.jpg

NIPPONってちいいーーーさく。
これは肉眼じゃ見えない。

とにかく日本のお金はすごいです。
おわり。
posted by Seedfolks Jawa at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

日本の紙幣は・・・その2

2224.jpg

まだまだ続く。
次は五千円札。

2225.jpg

2226.jpg

線を微妙に太さを変えて5000と読ませる。

2227.jpg

樋口一葉の肩にも文字。これは肉眼でも見える。
千円札のところで書いたニ・ホ・ンの文字が五千円のほうにもあるはずなのだが
見つけるのが難しいのでやめた。

まだまだ続く。
posted by Seedfolks Jawa at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の紙幣は・・・

2229.jpg

まだまだ金の話が続く。
さて、日本のお金はどうなんだろうと改めてみてみると、やっぱり日本のはスゴイ。
印刷技術も紙の質も世界一のようで、その技術はやっぱり変態の域だ。
インドの紙幣の40%は小森コーポレーションという会社が請け負っていると言う。
ドイツ、ロシア、ナイジェリアでも小森製の印刷機を使っている。
他国のお札まで・・・
技術だけでなく、信用もないとこのような依頼はないわけで、
よく知らないけどスゴイ会社なのだなあと思う。

んで、色々ネットで見ているうちに、日本のお金は、偽造されないために工夫され、
ものすごい技術を駆使して精巧に作られていることがわかった。
お札の隠し文字を紹介している動画を見てびっくりしたので自分でも撮影して探してみた。
知っている人も多いと思うが、自分は知らなかったので。
この画像を見てから本物を見てみてください。
肉眼じゃ見えないから。

2230.jpg

まず、千円札。
各紙幣には裏にも表にも、肉眼で見えない隠し文字が刻まれている。
NIPPON GINKOとかニホン、1000と言う文字がち〜〜〜ぃっさい文字で
こっそりところどころに印刷されている。ウォーリーを探せか。
これはコピーしようとしてもつぶれてしまう小ささだそうだ。

2231.jpg

2232.jpg

一見柄のようなところにも文字が。

2233.jpg

ニホンという文字が桜の一つ一つに。
知ってましたか、みなさん。
これを見つけるのはまだ簡単だけれど、五千円や一万円札はもっと難しいのだ。

続く。
posted by Seedfolks Jawa at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

硬貨2010

2221.jpg

昨日お札を出したので、硬貨はどうだったっけ、と貯金箱をひっくり返してみた。
実は新1万ルピア札と同時に、新千ルピア硬貨も発行されたようなのだがまだ手元にない。
一応あるだけ並べてみたけど、もっとあるかもしれない。

一番上はけっこう前からある千ルピア。そういえば最近ほとんど見かけないのに、
また新しいの作ったとか、わけわからん。
Kelapa Sawit(パームやし)なんて唐突に書いてあるところもよく考えると変。
他の硬貨と見比べてみると、みんな絵柄の名前が刻まれている。
ジャスミン、とか、オウム、とか、コモド、とか・・・・子供の図鑑か。

硬貨の中で一番便利なのは500ルピア。
バイクの駐車料金とか、野菜一束、とかワンコインで払えるので。
ただし3種類もあるのは困る。

200ルピアは、いったいなんでこんなの作っちゃったんだろうと不思議なほど役立たず。
他の硬貨と一緒にごちゃごちゃっと渡されると数えるのに苦労する。

50ルピアは、さすがにもう今ではほとんど金銭価値なんてないのだが
いまだにおつりで渡されることがあって困惑する。
ちなみに風邪のときなんかに背中や首に油をつけてコインでこするのは、
真鍮の50ルピアが一番おすすめ。

なんだかどの金額の硬貨も、アルミあり、真鍮ありで、しかも物価が上がって
小銭の価値がどんどん下がってきて、さすがに田舎の市場でももてあましているのが現状。
100ルピア以下はもういらないと思う。
posted by Seedfolks Jawa at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

お札2010

2218.jpg

色違いの新しい10,000ルピア札が発行された。(上)
古いほうはもうちょっとピンクっぽい。(中)
理由は色々と述べられているのだが、絶対100,000ルピア札と間違える人が多いからだと思う。
色が似ている上に数字もゼロがひとつ違うだけ。
いまさら紫色にバージョンアップしてるけど、発行する前に気がつかないものなのかね。

そういえば100,000札は発行当時はプラスティク製だったが、あれもなんだったんっすかねー。

2219.jpg

現在のお札ラインナップ。
つまり色分けなのだ、この国のお札は。
紙質といいインクの色合いといいデザインといい、安っぽい。
市場などでしょっちゅう使われる1,000ルピア札などは、色々な人たちに雑に扱われて
ぼろぼろで、ティッシュみたいな手触りになってくる。
すぐに千切れるし、メモ書きなんかも当たり前。
市場では、売るほうも買うほうもこれを売り物の肉魚やお菓子なんかの上に平気で置いたり
おばあさんがよく胸の谷間や、腹巻の中に入れてたりするのであります。
そのお札を扱う人たちの手も、鼻ほじったり何を触ったかわからない手なのであります。
ジトッと湿ってるのであります。
子供の頃、お金はどんな人が触ったかわからないから汚いと親から教わったが、
その汚さは日本のとは比でない。まじで汚い。
2,000や20,000は発行された当時どうかと思ったが、使ってみると案外便利。

インドネシアではしょっちゅうお札や硬貨が新しくなるが、
古いほうもそのまま使われているので、結局種類がどんどん増えて紛らわしいったらない。
いろんな意味でお札ってその国のお国柄を表していると思う。
posted by Seedfolks Jawa at 11:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

フィアフィア

2216.jpg

ジョグジャのプラウィロタマン、外国人御用達のレストラン、VIA VIA、フィアフィアと読む。
こういう店では滅多に食事をしないけど、たまにはいいよねこういうのも。
僕はステーキのワインソース。フライドポテトもついてた。

2217.jpg

これは日替わりランチ、ナスのバラド風。

普段は野菜豆腐テンペみたいな食事が多いので、反動でたまにすごく肉が食いたくなる。
でも、牛肉って意外と腹持ちが悪い。
たっぷり食べたのにすぐにまた腹が減ってしまう。
posted by Seedfolks Jawa at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

あづい〜

2211.jpg

ジャワ島中部北岸、海辺の町スマラン、海抜0m地帯、ものすごく暑い。
ボロブドゥールから車でたった2時間でこんなにも違うかと言うほどの暑さと日差し。
車の外に出ると、くらっと来る。
きっと今年の日本の暑さはこんな感じだったのだろう。

2212.jpg

オランダ式の古い建物、Lawang Sewuは修復中だった。

スマランの一部の住宅街などでは家や道路を高くする工事が行われている。
もともとスマランは洪水の被害の多いところだが、
海面上昇のせいか地盤沈下のせいか知らないが、年々水のあがり方が増えているそうで
このままでは家の資産価値もなくなると嘆いている友人がいた。
posted by Seedfolks Jawa at 10:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

スマランのソト

2206.jpg

スマランの有名なソト。ぶっ掛けスープご飯。
ここで食べるのは3年ぶり。
昼時なこともあってほぼ満席だった。

2207.jpg

煮込んだスープにこくがあってうまい。

2208.jpg

正直僕は一杯じゃ足りない。
もう一杯注文しようかどうか迷いながら、目の前のオプションのテンペを
いくつもつまんでしまい結局腹いっぱいになってしまった。

2209.jpg

スマランはそれでなくても暑いのに、
スープを火で炊いているので入り口周辺の温度がえらいことに。
暑い町であつあつをすすって汗びっしょり。
posted by Seedfolks Jawa at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

いったいどっち?

2203.jpg

日本が急に涼しくなったと同時に、雨の降り方が変わってきた。
あまり降らなくなって、日差しが強く、お天気雨も多い。
庭が乾いてきた。
まさかこれから乾季になるんじゃないだろうな。

2204.jpg

もう異常気象なんてもんじゃない。
ぜんぜん天気が読めない。
植えたい木の苗があるんだけど、本来なら雨季の始まりに地植えにするんだけど
一体いつ植えていいやらさっぱり見当がつかない。
posted by Seedfolks Jawa at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

ドッグショウ

2196.jpg

スマランでドッグショウなるものがあるというので行ってみた。
なんだかものすごいアナザーワールドに足を踏み込んでいる。

2197.jpg

ゴールデンレトリバー、ミニチュアピンシャー、ボクサー、シベリアンハスキー、
サモエドなど種類別のコンテストをやっていた。

2198.jpg

インドネシアで大人気のゴールデン。
飼いやすそうだけど、残念ながら番犬には向かなそうなのでやめたのだが、かわいい。
うちの赤ちゃんドーベルマンは落ち着きがなくアグレッシブで動きがめちゃくちゃだが
大人になればこんな風に落ち着いて飼い主のコマンドに耳を傾けるようになるのだろうか。
ちと不安。しつけ、がんばろっと・・・

2199.jpg
2200.jpg2201.jpg

インドネシアではハスキーやサモエドも人気のようだが、
こんなシベリアとかアラスカとか南極なんかでそりを引いたり
トナカイの番をしていたような犬をインドネシアで飼ったりして大丈夫なんだろうか。
スマランの町は激猛暑だったが・・・
顔以外の体の毛を全部剃り落としてるハスキーもいた。

2202.jpg

人ごみの中でけっこうな大型犬がたくさんうろうろしていたのだが、
どの犬も飼い主もマナーがよくて驚いた。
インドネシア人は犬のしつけ上手なのか?
見知らぬ人たちになでられてぐちゃぐちゃにされたり、
人がすぐ近くを通りがかっても、犬はじっとおとなしくしている。
普段あまり犬飼いを見かけないので、今日はみんなが犬をどういう風に扱っているのかを
見ることができて、色々と勉強になりました。
posted by Seedfolks Jawa at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

ナジス

2194.jpg

イスラム教では犬は不浄なものとされていて、
豚肉食と同じように抵抗感を持った人がほとんどです。

本当は、番犬や盲導犬など何かの目的のために飼うことは許されているのですが、
ペットとしては買うことは禁止されています。
まあ昔は狂犬病やら、人と共通の病気があったりで生活の知恵として
犬に近づくを禁じていたのだろうと思います。

そうはいっても結構犬が好きで飼っているモスリムも多く、近所で何匹も飼われています。
食べたり(!)する人も。
雑種は食べるために飼われたりもする一方で、血統書付の犬は結構な値段で売買されています。

イスラム社会の中で暮らしていても、自分が犬にあまり興味がなかったので
今まで不自由を感じたことはなかったのですが、番犬として飼うことにしたとたんに
周囲の色々な反応が気になり始めています。

犬の唾液が不浄ということですが、僕なんかは要は洗えばいいことなんじゃないかと
思っってますけど、犬って、べろべろするのが好きですよね。
このべろべろがイヤじゃ、犬は飼えない。
ところがみんなものすごい避け方をする。

タバコなんかもそうでしょうけど、好きな人にはたまらないけど、
嫌いな人にとってはやっぱり不快なもの。
気をつけて共存する道を探らねばと思います。
posted by Seedfolks Jawa at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

グデッグ

2189.jpg

ジョグジャの街を歩き疲れて血糖値が下がったところに、
ガツンと元気をとり戻してくれるのはやっぱりジョグジャ名物グデッグ。
前にも紹介しましたが。

2190.jpg

中にはいらっしゃいませのジャワ文字。

2191.jpg

出口の上には、ありがとうございました。

やっぱりここの店のグデッグが一番好き。満足感が違う。
すべての具のバランスが完璧で、甘すぎないのがいい。
このサンバルの味は絶品。
ただしあまり辛くないので、辛いのが好きな人には物足りないかも。

Warung Gudeg "B.Djuminten"
Jl.Aem Gede 14 / Jl.Kranggan 69, Yogyakarta
0274-6619000

posted by Seedfolks Jawa at 20:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。