2011年07月12日

歯医者(涙)

3306.jpg

久しぶりの歯医者。
ジョグジャのジェンドワスティ先生は日本に留学していたこともあって、腕は確か。
丁寧に治療、説明をしてくれます。

なんと痛んでいた奥歯が縦に割れていたことがわかって、
なるべく歯を残すように、まずは神経を抜いて様子を見ることに。
神経を抜く作業に1時間以上かかった(泣)
久しぶりにいろんなものに祈った。死んだじいちゃんにまで(笑)
まだ疼いています。

3307.jpg

こちらでは、歯科に限らずどの部分も、レントゲンや血液尿検査、エコー、その他、
別の専門機関で受けるのが普通で、医師の指示書があってもなくても検査を受けられる。
そのデータを持ってかかりつけの医師にかかるという仕組み。

自分が時々行くのはPARAHITAという健康診査所、検査専門のラボで、
人間ドックが受けられて、心臓カテーテルとかCTなどわりとなんでもそろっている。
昨日はここで歯のレントゲンを2回撮った。
2回目は歯の根にちゃんと薬が入っているかを見るためで、ちゃんと入っているどころか
骨まで達していて怖かったです。

田舎の町医者は正直信用できない人が多いので、
こういう検査所に自分で出向いて検査し、ある程度は自己判断も可能。
今はデータさえあればネットで検索もできるので便利。
血液検査は、膨大な項目のリストを見せてもらえて、
自分の調べたい項目だけチェックを入れてどれでも調べてもらえる。
数ヶ月前血液と尿検査を受けてみたが、全項目まったく問題なしだった。
posted by Seedfolks Jawa at 12:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も縦に割れちゃったときは、泣きました。
結局後で抜いたのですが…。
歯医者さんは、嫌ですね…高いし。
Posted by サムスル at 2011年07月12日 16:36
歯が持たなければ抜くしかないそうです。
割れちゃってるから仕方ないですね。
ほんと、歯医者は出来ればかかりたくないのですが・・・
Posted by 雲山 at 2011年07月12日 19:51
おーっ最新の器機があるんですね。これなら私の通うウィーンの歯医者よりずっとずっと立派ですよ。ここは骨董的な歯医者や眼科とかも多くって差が激しいのです。

なんか明るいし、安心しちゃいますがでも痛いのはごめんですね。もう大丈夫ですか?
Posted by Allex at 2011年07月19日 21:44
ここ以外には怖くて行けません。
骨董的な歯医者はいやですねえ(笑)
こっちは入れ歯屋というのがあって、レトロ的です(笑)
ほんと、歯医者はいやですが、自力で治せないのでしかたないですね、こればかりは。
歯が割れているせいか、噛むと痛い・・・
Posted by 雲山 at 2011年07月20日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。