2011年07月21日

再ベーグル

3370.jpg

またベーグルを作りました。
シナモン+チョコ+レーズン、ちょっとお菓子仕様。
茹でる時間が長すぎたせいか、しわしわになってしまいました。
でもうま〜い。
ベーグルは油脂も卵も使わないのでヘルシーですが、
歯の悪いときはやめたほうがよかったかも。
posted by Seedfolks Jawa at 11:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

卒塔婆小町

3365.jpg

流山児カンパニー、ジョグジャ公演の最終日は、三島由紀夫の「卒塔婆小町」
先日の「花札伝綺」とはガラッと変わった芝居。

3366.jpg

3367.jpg

みんなずーっと動き続けていて、またまた汗びっしょり。

3368.jpg

主演の渋い男優さん。このあとスカートをはいて、髪をグシャグシャッとして
老婆に早変わりします。

3369.jpg

これを観てジャワ人はどうだっただろう?
日本人とジャワ人ではまず死生観がぜんぜん違うと思うので、
頭で理解は出来ないのかもしれないが
普段触れている死の概念を超えた世界を感じていたと思う。

本当に面白かった。
またぜひ来てほしい。
ジャワでこんなことをするのはさぞかし大変だったでしょう。
お疲れ様。
posted by Seedfolks Jawa at 13:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

初ベーグル

3362.jpg

日本にいるときはベーグルが大好物だったが、今まで自分で焼いたことはなかった。
材料がシンプルで意外と簡単。
茹でてから焼く。
モチモチで歯ごたえがいい。

3363.jpg

ベーグルの成型はとても楽しい。
ブルーベリーを混ぜてみた。
紙を敷いて焼いたのが間違いだった。はがれません。
こつはわかったから次回は完璧に出来そう。
posted by Seedfolks Jawa at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

死に方

3331.jpg

3332.jpg

「花札伝綺」の芝居の中で、金を払えばお前にどんな死に方がいいか選ばせてやろう、
というシーンがあって、色々な死に方を歌で連呼しながら
着物をめくったら、着物の裏にも死に方がびっしり書いてあったのだった。
なにこれ、超うけた。
posted by Seedfolks Jawa at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

結婚式

3354.jpg

ジョグジャの式場での結婚式に招かれた。
建築家と女医さん、幸せそうです。

3355.jpg

会場に入って親族や新郎新婦に挨拶をしたら、ビュッフェ方式の食事へGO。
待ち時間なし、食べたいものを食べたいだけ、
帰るタイミングも気を使わず、こういう結婚式が一番気楽でよい。

3356.jpg

3357.jpg

インドネシア料理、中華料理だけでなく、
クリームシィチューパイ乗せ焼きとかラザニアとか、洋食もあったりして、
ジョグジャも本当に変わったなーと感嘆。

3358.jpg

一番びっくらこいたのはチョコレートフォンデュ。(舌噛みそー)
こんなの日本でも食べたことないっす。
うまかったっす。
posted by Seedfolks Jawa at 17:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

花札伝綺

3325.jpg

このブログに来てくれているtomoさん所属の劇団、流山児★事務所の公演が
なんとジョグジャで行われるというので観に行ってきました。
演目は「花札伝綺」、寺山修司の作品。
東京の下町にある「死の家」と呼ばれる一軒の葬儀屋が舞台。

3326.jpg

アングラ系かと思っていたが、歌や踊りがふんだんに盛り込まれていて、
死を扱っているにしては明るく重くなく、
しかも台詞のインドネシア語字幕がスクリーンに映し出されていて、
これならジャワ人でも楽しめるだろう。

3327.jpg

和な衣装がいい。歌も最高。つぼった。
すごく好きな世界。
僕は実は演劇関係ほとんど無知で、別世界で、あまり興味はなかったけど、
これは・・・かなりきました。

3328.jpg

3329.jpg

3330.jpg

普段、ジャワの芸能はいやというほど観る機会があるが、
こんなものは滅多に観れないので新鮮。
日本人の仕事って、やっぱり決め細やかで用意周到で、
なんというか、やっぱり全体的な出来、クオリティは、見えないところの気配りや工夫、
努力やセンスやアイデアの積み重ねで決まってくるのだな、という感じがした。
ジャワ人の行き当たりばったり的な面白さもいいけど、
自分が日本人なせいもあってか、こういう職人技、プロの仕事にはやはり心を動かされる。

これは少人数用にアレンジしたもので、
実際は日本ではもっと大勢で演じているらしいので、興味のある方はぜひ
劇場に足を運んでみてください。
チケット

明日は三島の「卒塔婆小町」
なんと言う贅沢。
posted by Seedfolks Jawa at 16:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

展覧会オープニング

3322.jpg

展覧会のオープニングは、いつものことながらそのときまでどうなるかわからず、
どうなるかと思ったが、けっこう色々な人が集まってくれた。
今回はジョグジャの元美大生4人グループ展で、スケッチがほとんど。

3321.jpg

乾季の夜のイベントは気持ちがいい。
涼しい風が吹いて、しかも満月。
クロンチョンや寸劇、アコースティックバンドなどの演奏があった。
知っていれば自分も歌いたかったなあ。

3320.jpg

蚊取り線香画家ワワンと、彫刻家チプトはみんなの前で風呂に浸かるという
なにやらわけのわからないパフォーマンスをしてみんなに笑われていた。
posted by Seedfolks Jawa at 18:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

夕日

3314.jpg

外に出たら、夕日と目が合った。
久しぶりの太陽の輪郭。

3315.jpg

なんか、ジャワ人組が突然うちのギャラリーで絵の展覧会をやるって言って、
急に準備をし始めたのでびっくり。
オープニングパーティーをどうするとか、なにをやるとか、まったく話が見えてこないので
友達を呼ぶかどうかも悩む。
と、もやもやしてる間に食あたりでダウン。
これは心当たりがある。でも人から勧められて断れなかった。おいしかったし。
やっぱり自分のアンテナが怪しいと踏んだものは食べちゃダメですね。
posted by Seedfolks Jawa at 14:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

屋台

3308.jpg

イベントがあると、どこからともなく色々な食べ物の屋台がたつ。
ほとんど子供相手のおやつ。でも大人も買ってます。
これは蒸し肉団子+サンバル。

3309.jpg

ココナツミルクのアイス。
い、色がきれいだー。

3310.jpg

これは卵を溶いて味付けしたものをたこ焼きの型みたいなので焼く。
これはけっこううまい。

3311.jpg

肉団子屋さん。俺も撮ってくれよ、と言ってきた割に視線をそらす照れ屋。

3312.jpg

一番衝撃的だったのがこれ、インスタントラーメン屋。
具なしの茹でた麺に、サンバルソースをべっとりと。

子供たちはこれらのおやつを買い食いするのが大好きです。
体には悪そうなものばかりだけど、子供ってこういうの好きだよね。
posted by Seedfolks Jawa at 10:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

歯医者(涙)

3306.jpg

久しぶりの歯医者。
ジョグジャのジェンドワスティ先生は日本に留学していたこともあって、腕は確か。
丁寧に治療、説明をしてくれます。

なんと痛んでいた奥歯が縦に割れていたことがわかって、
なるべく歯を残すように、まずは神経を抜いて様子を見ることに。
神経を抜く作業に1時間以上かかった(泣)
久しぶりにいろんなものに祈った。死んだじいちゃんにまで(笑)
まだ疼いています。

3307.jpg

こちらでは、歯科に限らずどの部分も、レントゲンや血液尿検査、エコー、その他、
別の専門機関で受けるのが普通で、医師の指示書があってもなくても検査を受けられる。
そのデータを持ってかかりつけの医師にかかるという仕組み。

自分が時々行くのはPARAHITAという健康診査所、検査専門のラボで、
人間ドックが受けられて、心臓カテーテルとかCTなどわりとなんでもそろっている。
昨日はここで歯のレントゲンを2回撮った。
2回目は歯の根にちゃんと薬が入っているかを見るためで、ちゃんと入っているどころか
骨まで達していて怖かったです。

田舎の町医者は正直信用できない人が多いので、
こういう検査所に自分で出向いて検査し、ある程度は自己判断も可能。
今はデータさえあればネットで検索もできるので便利。
血液検査は、膨大な項目のリストを見せてもらえて、
自分の調べたい項目だけチェックを入れてどれでも調べてもらえる。
数ヶ月前血液と尿検査を受けてみたが、全項目まったく問題なしだった。
posted by Seedfolks Jawa at 12:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉雲山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。